ゼロスタートが応援するスポーツクライミングのワールドカップボルダリングシリーズ記者発表会が行われました


株式会社ゼロスタート(本社:東京都目黒区、代表取締役社長 山崎徳之)はプロフリークライマー野口啓代(のぐち あきよ・26)選手、日本代表選手とのスポンサー契約という形でスポーツクライミングをサポートしております。

8月14-15日のミュンヘン大会にて2015年度のワールドカップボルダリングシリーズが終了し、日本チームは2位のフランスに大差をつけてナショナルランキング1位を獲得しました。

━<2015年ワールドカップボルダリング部門 国別ランキング>━━━━━━━━━
1位:日本 (1352ポイント)
2位:フランス (855ポイント)
3位:アメリカ (670ポイント)

━<2015年ワールドカップボルダリング部門 女子年間ランキング>━━━━━━━
1位:野口啓代
2位:ショウナ・コクシー
3位:野中生萌
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回大きな成果を残したワールドカップボルダリングシリーズの報告とともに、東京オリンピックの追加種目入りを目指し、あらためてスポーツクライミングの認知を広げるため日本山岳協会主催のもと、記者発表会が催されました。

━━<2015年ワールドカップボルダリングシリーズ紹介動画>━━

https://youtu.be/bKBuAQ_snZ8

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発表会当日は日本山岳協会によるリード競技※1、ボルダリング競技※2などの競技の違いやルールなどスポーツクライミングの詳細な説明のほか、年間優勝した野口啓代選手、年間3位の野中生萌(のなか みほう・18)選手、年間7位の藤井快(ふじい こころ・22)選手が出席し、競技の魅力や東京オリンピック種目入りへの思い、今後の目標などを語りました。

記者発表会に出席した野口選手・野中選手・藤井選手

今回出席した世界トップレベル選手のほかにも世界レベルの次世代選手が育っている現状もあり、2020年の東京オリンピックの種目入りした際には多くのメダル獲得が期待されます。

また2016年4月には埼玉県加須市でのワールドカップ開催も確定し、ますます注目が集まっています。

ゼロスタートは世界で活躍する野口啓代選手、スポーツクライミング日本代表を支援する形で引き続きスポーツクライミングをサポートしたいと考えております。

また今後も様々な形で社会に貢献して参ります。

 

■関連サイト
日本山岳協会 公式サイト
http://www.jma-sangaku.or.jp/cominfo/

※1 12m以上の高さをもつオーバーハングした壁を命綱であるロープで確保された状態で登る競技。
※2 5m以内の高さの壁をロープなしで制限時間内で登る競技。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本リリースに関するお問い合わせ
ZETA株式会社 経営企画管理部
pr@zetacx.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━