ゼロスタートが応援するスポーツクライミングが東京オリンピック追加種目としてIOC提案種目に決定


株式会社ゼロスタート(本社:東京都目黒区、代表取締役社長 山崎徳之)は、2012年よりプロフリークライマー野口啓代(のぐち あきよ・26)選手、2015年より日本代表選手をスポンサーとして支援しております。

先日より東京オリンピックの追加種目について検討が行われておりましたが、9月28日にIOC(国際オリンピック委員会)へ提案する5競技の1つとしてスポーツクライミングが決定致しました。

近年クライミングジムや競技人口が増加しスポーツクライミングは大変注目が集まっておりますが、ゼロスタートがサポートを開始した時点では企業によるサポートは少なく、スポーツ・アウトドア系ではない、IT企業としては現在唯一スポーツクライミング日本代表をサポートしております。

当社としてもこの度のIOC提案種目決定のニュースを大変喜ばしく受け止めており、今後も世界で活躍する野口啓代選手、スポーツクライミング日本代表を支援する形で引き続きスポーツクライミングをサポートしたいと考えております。

また今後も様々な形で社会に貢献して参ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本リリースに関するお問い合わせ
ZETA株式会社 経営企画管理部
pr@zetacx.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━